熱帯夜は、ウォーターバック

今年も 熱帯夜のシーズンになってきました。

梅雨明けあたりから お彼岸近くまで 最近の夏は熱帯夜の状態が続くと思うと

どうやって生きてゆこうかを考えちゃいますね!!


毎年この時期に 言っておりますが 熱帯夜にはやはりこれが一番でしょう


『   ウォーターバックです。   』

QBlog-20120829-1  QBlog-20130711-1
(ここをクリックしてください 以前のが読めます)

画像の説明

ここにきて 痛みがとりづらい人が出てきています。

治療していて 最後に残るのが  脳温が高くなってきて 痛みが取れていない状態の人です。


この時期 パソコンを動かしていると 音が大きくなっているのに気が付きませんか

CPUを冷やしている音です それも大きな音を立てて 唸ったりしています。

外気温が高いので CPUの温度が下がってきませんので ファンが唸っています。


人間もそうなっていることに気が付かなければいけません


人間は体温を 大きく下げるには 発汗し 気化熱で 熱を奪わせます。

汗の出かたが悪い人は熱が上手く放熱できませんので 体に失調をきたします。

失調をきたしたときは 放尿して 大便を出してと一生懸命に体温を下げようとしています。

その時 水分補給が必要になってきます この時期は水分補給をしてくださいといわれるのはこのあたりでしょうか・・・・・


そして最後に 咳き込みが出てくると 『 夏風邪は長いから・・・・・・  』と言ってすましてはいけません


これは要注意です。


そこで 安眠休息が必要になってきます
でも 暑いから・・・・


そこで  ウォーターバックでの睡眠をおすすめします


画像の説明


これで寝ると しっかりと 肌が掛け等を掛けて寝ることができます。 


私は真綿ふとんをシッカリかけて網戸で爆睡しています。




















a:937 t:1 y:0

コメント


認証コード5852

コメントは管理者の承認後に表示されます。