他人と比較より 自分と比較

他人と比較より 自分と比較

治療して感じるのは 他人と比較して 囚われている(心の自由度を失っている人)がいます。

私から 言わすと  他人などは如何でもいいと思わないといけません。  ズーット その人の事を感じて生きて行かなければなりません。

わが身の危険を感じないで  他人に囚われて 結局は自滅に向ってゆきます。

私は 他人の断片だけを見て自分を比較して そこに囚われて 思い悩むこと自体が時間の無駄  考えて如何にかなるか・・・ なりません

どうでもいいと思うのですが そこに囚われていることが これはもったいない。  

問題は  過去の自分と今の自分との比較が問題なのですが  他人と比較して 如何(どうこう)考える 時間があるのなら  自分を見つめて過去の自分と比較して、

過去の自分より  成長していることを確認することが 重要です 。


そして  『 今でしょう 』ということではないでしょうか?


問題は心が どう安定しているかということではないでしょうか?  

心の問題が長く続くと 大きな障害になってゆきます。

そこに痛み 機能傷害など 又、 自分の運が無くなり   周囲に悪影響が生まれ  気が付くと 自分がどん底に  ・・・と言う人がいます。

心の問題は大きいですね

人と比較しているうちは  幸せ感が得られないとういうことですね






a:1319 t:1 y:2

コメント

  • 確かにその通りだと思います

    確かにその通りだと思います^ ^
    他人と比較することは、自分自身を見失う行為になるような気がします。
    比較されたひとにとても失礼じゃないかな?って
    もっと自分を大事にし、向き合う時間に問いを常にかけてみよう!



認証コード8293

コメントは管理者の承認後に表示されます。