暑さ対策として有効なのは、遮光ネット???

暑さ対策としての 有効なのは、遮光ネット??

対策方法は・・

1・室内の暑い空気を外に追い出す

2・外からの熱を外で遮断し 尚且つ内側で遮断


こんなところでしょうか 具体的には

1・室内の暑い空気を外に追い出す

扇風機やサーキュレーターを使って、家中に風の通り道を作ることで、
室内の空気を外に出す工夫が大事です。


2・外からの熱を外で遮断し 尚且つ 内側で遮断

熱は、主に窓から入ってきます。
カーテンだけでは、カーテン自体が熱せられて熱源となり、遮熱効果はない。
窓の外に遮光ネットを張れば、ネットと窓の間に風が通り、
ネット自体の熱も緩和されて窓まで届きににくくなります。

窓に沿う形で設置するより、光は遮り、風は通すようにスペースを作る方が効果的だそうです。

出来れば  日差しの強い場所は内側にも貼るともっと効果的です。

遮光ネットは安価で、熱吸収力もある上に、風通しも良いから効果的ということで
見た目に抵抗がなければ いいと考える余裕もなく こんな風にやっちゃいました。



カーテンレールに洗濯ばさみで挟みます台風の時一度に簡単に取り外しができます・取り付けも簡単結束バンドで固定します風の強い時は丸めて縛ります・終う時は結束バンドをハサミでちょん切ります窓の内側ありだと思います日差しの強い所は二重にします画像の説明


ちなみに遮光ネットの利点は

農業資材ようですが 遮光率75%とすぐれています。

収納が簡単です。 秋になって終いますが小さく畳めます。

長期にわたり使用が可能です⇒葦簀(よしず)を過去に使用しましたが頑張って3年破棄に困ります。

どうしても 待合室は窓を閉めるわけには行けません というのは患者さんのマイナスが抜けます。

こもらすことが出来ません ということはクーラーを付けても 効きません
なので  やっちゃいましたということになりました
ちなみに
治療室は涼しいですよ!!(クーラーを入れています)

外側の固定は 昔のカーテンレールを使って 洗濯ばさみで吊るします。 

台風になった時 慌てて外すに便利です。 付けるのも便利です。

固定できるところは 結束バンドで固定します。  

台風のときは 巻いてしのぎます。 

終う時は結束バンドを切ればOKすぐ外せます。

室内にも 待合室はこれでです。 暑いと見た目などは気にしなくなります 2重にすると涼しいです。

問題はいかに涼しく 快適に 環境場を整えておくことで 厳しい暑さを乗り越えます。  

7月半ば後3か月近くこの暑さと戦わなくてはなりません

昔 何故 夏休みがあるかということがを真剣に考えたことがありました。

 結論は暑いからでした 『 暑いからやっていられない 』 


という 結論に 達しました  あまり 暑いときは 涼しいところで『 休む 』という

  大きな決断をすることが 大事です。









a:2773 t:1 y:1

コメント


認証コード6618

コメントは管理者の承認後に表示されます。