骨粗鬆症 とウォーキング



骨粗鬆症は骨が弱くなって、骨折しやすくなり、背骨の変形や寝たきりにもつながる病気です。骨粗鬆症を早く発見し治療を始めて骨折を予防しましょう。薬物治療によって骨密度の値は改善されても、薬をやめると骨密度は再び低下してしまいます。きちんと治療を続けることが重要です。と製薬会社のWebに書いてありますが




飯能整骨院的考えは  全てがこれだけではありませんが 一つの考え方として 尚且つ 自衛するためにも必要な考え方として 一考してください


それは 20年数年前に  文化新聞社のミント(今は廃刊になっていますが) 投稿した文ですが読んでみてください
画像の説明


本文
骨粗鬆症を予防するために『カルシュウムを十分に摂ることが大切である』ということは知られて

いますが、カルシュムの摂取と並んで重要なのがウォーキングすることです。

 ウォーキングとは、リズムある圧力を骨に加える動作で、その圧力を骨に加える動作で、

その圧力を加えて初めてカルシュウムが骨に沈着されるわけです。


その仕組みをこれからご紹介しましょう。

宇宙にいる宇宙飛行士は、微小重力状態の中にいるので、体からカルシュムがどんどん尿中に排泄され、

骨の重が非常に減ってしまうということがわかってきました。

これは、重力が加わらない為に起こることだったのです。

逆に、骨を作るのに1番大切なことは骨に圧力(重力荷重)を加えること。

圧力を加えて初めてカルシュウムが骨に沈着されるわけです。

これについては、《図1》のようなことから照明されています。

これは「ピエゾ電気」又は、「圧電気」とよばれています。

+の所は伸ばされると正の電気がしょうじ、-は圧縮されて負の電気を生じます。

《図2》は、リズムある圧力をかけることで、骨がマイナスの電気を帯び、プラスのイオンをもったカルシュウムがくっついて骨を増強する作用を生じます。

逆に、骨を引っ張るとプラスの電気を帯びて、カルシュムの電気を帯びて、

カルシュムが抜けだす事になります。(非荷重状態)

単にカルシュウム剤を飲んでいれば骨が丈夫で安心というわけではありません。

転んでも簡単に骨折しない予防法は、季節の野菜及び海藻、小魚等によりカルシュウムを摂取し、

効果的に取り入れる為に太陽の下でウォーキングすることが重要です。













a:1314 t:1 y:0

コメント


認証コード7277

コメントは管理者の承認後に表示されます。