身体と天気



雨の日 曇っている日が調子が悪い人がいます。

 天気のいい日は調子が良いのですが? 

 『関節の潤滑って如何ゆうこと?』 お話ししましたが 関節の構造から論理を組み立てます。

イメージ

雨の日 曇りの日は、 天気図を見ると低気圧が近くにあり 気圧が低いです。

晴れの日は高気圧が張り出しています。

関節の潤滑のところでお話ししましたが 関節は圧が入ると 潤滑します。 
(関節が滑らかになってきます) 身体が楽になってきます。

逆に 関節に圧が入らないと 関節が潤滑不全を起こします。

 この状態が調子が悪い状態になります。

この時は 雨 曇りの日になります。 台風などが近づいたときになります。


結論は、 体を膨張系にしないようにすることです。


普段から43分の持続歩行をして、過食を避けるのが一番効果的!!

(エネルギー消費をして、過剰なエネルギーをため込まない内圧を上げない)



ページのトップへ




a:1549 t:1 y:0

コメント


認証コード5234

コメントは管理者の承認後に表示されます。