秋の花粉症2016 風邪との違いはどう違う!!対策は冷却法が効く頭を冷やせ!!


暑かった夏 やっと 台風が来て  
風が秋の感じがしてきました



日中はまだ夏の日差しですが  
朝晩は 気温が 20度近くになり
過ごしやすく なってきました


身体が だるい  チョット 熱っぽい 
微熱があるようだ と 
こんな症状の方がこの時期は多くなってきています

風邪を疑うよりも  
ハウスダストを疑った方がよいかもしれません
この場合は 専門医に相談してアレルギー検査をする必要があります


又 花粉症は 春先だけの 物ではなく  この夏の終わりから  秋に入って 10月後半の頃 までも起ってきますので

秋の花粉症の特徴と 対策に冷却法が効果を出しますので  紹介します

秋の花粉症 風邪との違いはどう違う

風邪と 花粉症は 症状が違います


秋の花粉症は  春先の花粉症よりも 花粉の飛散量が違いますので


春先の花粉症よりも 目のかゆみが違うようです


風邪と花粉症との見分け方


○鼻水  風邪は粘り気のある 花粉症は水っぽい
○目のかゆみ 風邪は目のかゆみはありません 花粉症は目のかゆみのある人がいます
○発熱 風邪はあり 微熱以上の事が多い  花粉症の場合はあっても微熱
○食欲 風邪の場合は食欲がなくなる場合がある  花粉症の場合は さほど影響がない
○天候  花粉症の場合は 晴天時に悪化する傾向がある
○症状の継続  花粉症の場合は数ヶ月続く場合がある  風邪の場合は 1週間程度で症状が軽減

長引く 症状がきつい場合は医療機関にて早めの検査をお願いします

秋の花粉症対策は

○花粉症となる植物のそばに近づかない

原因の植物は  2メートルぐらいまでの高さなので
飛散半径が 数十メートルの範囲にしか 飛散しませんので
草むらに 近づかないようにするのが一番です


室内の換気は 十分に行ってください


掃除をこまめにする  ハウスダストが多いと アレルギーを引き起こす


クーラーの掃除をする カビが原因の時もあります


帰宅時には 衣服を払い  花粉を落とします


睡眠を十分にとる ストレスをためない


生理的冷却療法をおすすめします

まず症状を考えてみてください  全て にまつわる  症状を出しています

鼻水 ⇒頭の温度を下げる働きです  詳しくは  花粉症.コムに動画を見てください

目のかゆみ  炎症です
発熱  炎症です
だるさ  身体の熱がこもった症状です

先ずは 氷枕で 頭を冷やして就寝してみてください
これだけでも だいぶ楽になる人がいます
(鼻水・目のかゆみ・頭痛・など)

氷枕は 多くの方が経験をお持ちですので すぐ 取り入れることが出来ると思いますので
早速 今晩にでも やってみてください

このページに行くと簡単な冷却の仕方が解りますので 又動画で 冷却の考え方をレクチャーしていますので 
一人でも  冷却が簡単に出来る様に  指導してあります

是非 この考え方を使って  早急になるになってください


ここをクリック⇓無料メール登録 udemy.com特別割り引きあり
画像の説明



スポンサードリンク


 



a:303 t:1 y:1

コメント


認証コード1141

コメントは管理者の承認後に表示されます。