秋の花粉症2016 症状と対策 微熱の処置は!? 冷却をすると楽になる方法


夏の暑さが和らいで ホッとした時に  


風邪と間違いやすい症状に 『秋の花粉症があります』




秋の花粉症は   
秋に発症が多い ダニやハウスダストによる 
アレルギーと重なると症状が長引く可能性があります


症状に 心あたりがある方は まずは 
アレルギー検査で原因を特定して 早めの対処をしてください





◎秋にもある花粉症
春先の 花粉症は 多くの方が マスクをして  大騒ぎをしていますが
春先は多くの花粉アレルギーは スギ・ヒノキですが
秋に花粉症が在ります


多くの原因と言われているものが主な原因物質は(花粉症.コムにリンク)

イネ科植物の花粉  カモガヤ ハルガヤ

キク科の花粉 ブタクサ、ヨモギなどです

特に夏の代表は イネ科植物のカモガヤです  




夏から秋にかけての季節の変わり目は 風邪を引きやすい時期ですが 
この時期『鼻水・くしゃみが止まらない・微熱が出る』
なのどの 症状が続いた時は  風邪よりも 花粉症や 
ハウスダストを疑った方いいかも知れませ







秋の花粉症  ブタクサなどの花粉は粒子が細かく気管に入ると
喘息の原因になる危険があります


鼻水などの 症状を放置しておくと 
副鼻腔炎(蓄膿症)などを慢性化するおそれがありますので
早めの対処を心がけてください

この時期の 花粉は   イネ科植物の花粉  カモガヤ ハルガヤ
キク科の花粉 ブタクサ、ヨモギなどです

特に夏の代表は イネ科植物のカモガヤです

春のスギ・ヒノキと違って  飛散距離が短いです
又 花粉の量は少ないです
 
草むらの近くに 寄らなければ  大丈夫です

秋の花粉は 毎年 8月ごろより 日本各地で飛び始めす 9月中旬にピークを迎え
10月まで続くと言われていますが  表がありますから そちらを参考にしてください(花粉症.コムにリンク)

秋の花粉症2016 症状と対策 微熱の処置は!?

秋の花粉症の症状


・透明でサッラとした鼻水
・1週間以上、くしゃみや 鼻水がつついている
・目がかゆい
・くしゃみが止まらない
・熱があっても微熱程度で高温にならない
・晴れた日に、より強く症状が出る

の症状が有り    症状が安定しないという特徴があります
症状の対処は  まずは氷枕で 頭を冷却しましょう

症状の共通してあるのは 熱です

物理的に発熱していますから 物理的に  氷で冷却するのが一番です  

一番安全な方法で尚且つ  すぐに出来る
症状を安定させるには 一番簡単な方法です

このやり方が 判った人は

花粉症.コム に動画がありますので
もっと理解が出来ると思います
ここをクリックした 動画を見てください





ここをクリック⇓無料メール登録 udemy.com特別割り引きあり
画像の説明



スポンサードリンク


 



a:396 t:1 y:0

コメント


認証コード1014

コメントは管理者の承認後に表示されます。