癒しのスローフード ②



私の場合  ホームベーカリーの延長線上で そば打ちをします。

そば打ちと言いますが  そばを打ちません。

 ホームベーカリーでガラガラ回して そばを打ちます。(回します)

ハッキリ言って  素人です。 本格的にはしません。

しかし 自分で打つと(回すと)美味いです。

そばの香り こし のど越し スーパーで買ってきた 生そばとは一味違います。美味しいです。    (プロが作ったそばにはかないませんが)


基本的に 仕事以外は頂上を目指しません。

男が凝ると  本業にしたくなります。  

私は、あくまで整骨院です。

お祓いが専業でもありません これは、整骨業務をするために仕方なくしていることです。

私が安全に仕事ができるようにしています。 

その結果 皆さんが思わぬ 効果の恩恵を受けているにすぎません。


話を戻します。  自分のそばは、おいしいです。しかし 手抜きです。

製麺はパスタマシーンでします。楽天で 3000円代で買いました。

あくまでも完璧にしません。

こうゆう場合は1番を目指さないと次にまたアージャナイ コージャナイオイと思いながら 気分転換に作ります。


頂上に行かないのも一つの一手になります。


山に昇ると頂上に着きます。そうすると山の征服感に浸ります。

すると 次にこの山に登るかというと 登る気にならなくなります。

山を登るなら  見晴らしのいいところで お弁当を持って行って これを食べて山を下ります。

すると あそこの山でお弁当を食べに行こうかという気持ちになります。

又 この山に登って楽しいお弁当を食べて帰るという考え方にしています。


1番にならないということもいいことです。

今までの学校の教育は1番が美徳のような教育をされてきました。

がんばって1番が良いと 教育されてきましたが 1番を続けるのは、1番は辛いです。

2番手 3番手からの追随があります。 仮に1番の実力があるのなら 5番手6番手にいるのが楽ちんです。

ここぞという時は1番になるのが良いですが  ズーット 1番にいるのは辛いことです。

フィギアスケートの 荒川静香  を見習うべきです  1番になるなら大きな本番で 

そしてすぐに引退  理想的な 辞め方です。









a:1321 t:1 y:0

コメント


認証コード6007

コメントは管理者の承認後に表示されます。