渚ちゃん復活(オスグットシュラッテル氏病)

t治療前の画像ですエネルギーは小さいです


今 中学1年生です。

  ヒップホップダンス 陸上部短距離走 体育祭の練習と毎日 忙しそうです。


 7月17日に左膝下が痛いと来院しました。
  
オスグットシュラッテル氏病です。 女子では、少ないほうですが

 世間では、 なかなか治らない痛みと認識しています。

成長痛と一般では、言っていますが 成長する過程で痛みなどありません。
  

治療すると 痛みがなくなりますので 成長する過程での痛みと認識していません。


問題は、骨盤重心が後方になっています。 

この原因は、 骨盤環を強打したか・ 足の蹴り上げが強いと起こります。

 渚ちゃんは、 ヒップホップ練習をしています。普通の成人大人では、ついてゆけません。

それだけ 動きが強いので 何らかの 足の蹴り上げ・骨盤環を打っている可能性があります。

 明らかに  原因があっての病気です。

骨盤の重心が後方重心になって 大腿4頭筋が牽引されてできた痛みです。

  レントゲン画像を見ると痛みのあるところは、

骨膜が乱れているか 骨が剥がれるように見えるのが一般的です。 

これは、明らかに持続牽引された証です。
(牽引している力がわずかでも 長い時間が立つと大きな力になります。)

原因があってスグに痛みが出る 訳でない ので 
 
 なかなか  原因の追究がで来ていないのが一般的です。


治療としては、  この骨盤後方重心を元に戻します

 
  痛みの場所の処置と  大腿4頭筋の緊張の解除です。

でも これだけでも 痛みが取れない人がいます。


そのために 最初に 玄関でヒーリングをして マイナスの振動を排除します。


するとほとんどの痛みは、初回の時点で取れています。


しかし 骨が剥がれていますので この再生の時間を要します 
 

1ケ月から 2ケ月間の管理期間が必要です。








a:1832 t:1 y:0

コメント


認証コード0074

コメントは管理者の承認後に表示されます。