マラソンと歩行の違い

  『マラソンと歩行との違い』を


海外の鈴木様より、 ご質問がありましたので お答えします。

  • 歩行は、必ず足がどちらか着地しています。

    • マラソンは、 一時的にも身体が宙に浮いている状態があります。
      着地した時に 衝撃があります。 この衝撃は撃力(げきりょく)となり  体に負担をかけます。 又体重の何倍かの力が足にかかります。

(撃力とは、錆びたナットを緩めたいときに ナットの頭をハンマーでたたきます。すると錆びて  固くなったナットを緩める時に働く力が撃力です。破壊的な力になります

  • 歩行は 体重の1.○○ 倍ぐらいの力となっていますので 
    明らかにソフトです。

    •  もっと簡単に言うと ビンの中に水を入れます そのビンを蓋をして シェイクした状態が マラソンです。 この状態は、中に泡立ちます。 酸素と結合した状態が出来上がります。 活性酸素の働きが強まる状態になります。

  •  歩行は 特に私の言う 生理的持続歩行は、 ビンを横に揺らした状態になります。  ビンの中の水は、大きく回転してゆきます。  これは身体の循環が良くなった状態になります。

  そして、その 水は、ゆらぎを作ってゆきます。  ゆらぎの動きは、中心軸を作ろうとして
  働いてゆきます。

  •  ゆらぎの動きは、どのような動きかというと
     

     水槽に 1円玉を浮かします  浮きます ⇒ 指で軽く沈ませます。 ⇒ 沈んでゆきます。 ⇒ ゆっくりと ハラハラと動きながら 沈んでゆく状態が判ると思います。 ⇒  ある状態から 中心が取れた沈み方をする時があります(歩行では、この状態が潤滑が獲得できた状態です。) ⇒そして底に沈みます。

サァー そこで大きな疑問が出てきました。オリンピックの出場選手は身体は、如何なっているのでしょうか?



回答です。


  オリンピックには、普通の人は、出ることが出来ません。

  普通でないので出ることが出来ます。あなたは、出場できますか?。

  できない人は、 『 普通の人 』  です。




a:1532 t:1 y:0

コメント


認証コード3467

コメントは管理者の承認後に表示されます。